10万円を超える郵便振替について

 いつも当サイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。
2007年1月4日より、マネーロンダリング対策・テロ資金対策の一環として、10万円を超える送金を行なう際は、窓口で本人確認が必要となりました。
普段から郵便振替をご利用のお客様、下記に目をお通しいただければと思います。
こちらのお知らせ原本はこちら

 
現金による送金の場合
窓口 : 窓口で「本人確認」をした上でお手続き可能です。
ATM : 10万円以上のお手続きはできません。
口座からの送金の場合
窓口 : 窓口で「本人確認」をした上でお手続き可能です。
ATM・ネット : 窓口で「本人確認」をした上でお手続き可能です。

個人利用の場合
運転免許証 母子健康手帳 外国人登録証明書
各種保険証 身体障害者手帳 旅券(パスポート)・乗員手帳
国民年金手帳 精神障害者保健福祉手帳 住民基本台帳カード(写真付き)
児童扶養手当証書 療育手帳
特別児童扶養手当証書 戦傷病者手帳 など

法人利用の場合
登記事項証明書など

 詳しくは、

   郵便貯金相談室:0120-108420(フリーダイヤル)
   受付時間帯   :平日8時30〜18時(土・日・祝日・12月31日〜1月3日を除く)

原本はご覧になるには、原本1ならびに原本2をクリックして下さい(pdf形式のファイルが開きます)。


閉じる