レプリソーム グッズコラム

Vol.2 買うばかりがグッズじゃない?Prt.2

はじめに
オールスターも無事終了し、シーズンも終わりが近づいてきました。
みなさんのごひいきにされているチームはいかがでしょうか?。
シーズン終了間近ということから、今回はシーズンごとに作られるシーズンスケジュール表なるものをご紹介したいと思います。
シーズンスケジュール表とは?

毎シーズン、「何月何日に・どこで・どことどのチームが対戦」というのは、あらかじめ1シーズン分決められてからNBAシーズンは始まります。日本でもシーズン前に各出版社から販売される、シーズンガイドにも掲載されている通りです。
一方、アメリカでは各アリーナにおいて、それら年間スケジュールを記し、折込にした表を配布しています。これが今回ご紹介するスケジュール表です(画像1)。

 6.7cm×9.5cmの小さな物で、トレーディングカードとほぼ同じ大きさです(チームによって、タテ・ヨコの長さが若干異なります)。折込を広げると写真の通りで、たいていの場合は、5〜6つ折りになっていることが多く(画像2)、オールスター投票用紙と同様で毎年デザインが変わります(画像3:ペイサーズ・レイカーズなど)。


画像1:04-05シーズンスケジュール


画像2:スケジュール表開くとこんな感じです


大抵の場合は、そのチームのエース・中心選手が表紙を飾ることが多く、裏表紙にはスポンサーと思われる会社が刷られております(実際は共同出資のようです。メインスポンサーが裏表紙の全面を飾ると思われます。画像3:ネッツ:マクドナルド、76ERS:ESPN、ペイサーズ:Pepsi)。


画像3:各チームのこれまでのスケジュール


04-05シーズン
76ERS
表紙:アレン・アイバーソン
裏表紙:ESPN

04-05シーズン
ネッツ
表紙:リチャード・ジェファーソン
裏表紙:マクドナルド

04-05シーズン
ペイサーズ
表紙:チームロゴ
裏表紙:PEPSI(コーラ)


03-04シーズン
ペイサーズ
表紙:コミック
裏表紙:ATA

00-01シーズン
レイカーズ
表紙:コービー&シャック
裏表紙:TOYOTA

99-00シーズン
レイカーズ
表紙:フィルジャクソンHC
裏表紙:TOYOTA


00-01シーズン
ブレイザーズ
表紙:スコッティ・ピペン
裏表紙:TACOBELL

99-00シーズン
ブレイザーズ
表紙:スティーブ・スミス、デイモン・スタウダマイアー、ブライアン・グラント他
裏表紙:デトレフ・シュレンプ
裏表紙:TACOBELL

00-01シーズン
クリッパーズ
表紙:ラマ・オドム
裏表紙:Autozone


99-00シーズン
クリッパーズ
表紙:マイケル・オロウォカンディ他
裏表紙:FOX

02-03シーズン
マーベリックス
表紙:ダーク・ノビツキー
裏表紙:FOX

00-01シーズン
ブルズ
表紙:エルトン・ブランド
裏表紙:Miller


99-00シーズン
キングス
表紙:クリス・ウェバー
裏表紙:Autozone

99-00シーズン
ソニックス
表紙:ゲイリー・ペイトン
裏表紙:Miller MGD

同じチームのスケジュール同士を比較すると、メインスポンサーが変わったり、表紙を飾る選手が変わったりすることがわかります(レイカーズ、クリッパーズ、ブレイザーズなど)。
中を見ると、複数の会社名が掲載されていることから、共同スポンサーのうちメインの会社が裏表紙を飾ると思われます。

スケジュールの中身

 中身を見ると、シーズン初日から最終日まで各月ごとのカレンダーが記されており、ホームかアウェイを色分けで表示し、「どこと対戦・開始時刻・どのTV局が中継」が記されております(画像4)。
これで、自分達のチームの居場所や気になる対戦カードのチェックが出来ます。


アリーナのどの席がいくらになるかを、地図にて示しています(画像5)。

画像4:スケジュールの中身

画像5:アリーナ内の席と価格

今シーズンだからこその例外?

 通常は、上の小さい物がほとんどですが、今季はReebokがNBA関連商品を専属的に扱うようになったことからか、同社からも同様のスケジュール表が発行されました(画像6)。
中身は基本的に上でご紹介した小さい物と同じで、異なるのは3〜4倍の大きさであること・全30チーム分の年間スケジュールシーズンが記されていることです。

画像6:Reebok発行04-05スケジュール
左:表表紙  右:裏表紙

アリーナならではの例外も

 もう2つほど例外をご紹介。
アリーナならではの例外です。
向かって左の物は、アリーナで発行されている物ですが、上の小さい物と何が異なるかというと、ホームのスケジュールしか書かれていない点です。
そして、観戦席の予約について書かれています。つまり、76ERSのホームスケジュールはこの通りなので席を買って下さい、という案内なのです(表紙にはアイバーソンの他にダレンバート、移籍したケニー・トーマスら計4人が写っています)。

右側の物もアリーナで配布されていました。
TOYOTAと76ERSのアリーナが共同発行している物です。
他の物と違い、ユニフォームの形をしているのが印象的ですが、更に異なるのは素材です。これは紙ではなく、マグネットプレートで出来ています(冷蔵庫や車に貼れます)。内容は小さい物と変わらず、ホーム・アウェイの予定(日時・場所・中継TV局)が書かれています。
  

おわりに
 お金を出して購入するレアな選手のジャージ、絶版となったジャージやグッズをお取り扱いするのが弊社の特徴ですが、こうしたシーズンスケジュールやオールスター投票用紙など、本土アメリカでしか入手できない物を、これからもファンのみなさまにご提供していきたいと思います。シーズン終了間近ということで、現在当サイトでお買物されたお客様にもれなくこれらのスケジュール表をお配りしております(なくなり次第、終了とさせていただきます)。

次回から、実際の商品についてふれていきたいと思います。

閉じる