過去の出身選手

ランス・スティーブンソン
 2010年 2巡目 40位
 ペイサーズ

ジェイムス・ホワイト
 2006年 2巡目 31位
 トレイルブレイザーズ

ジェイソン・マキシール
 2005年 1巡目 26位
 ピストンズ

スティーブ・ローガン
 2002年 2巡目 29位
 ウォリアーズ

ケニー・サターフィールド
 2001年 2巡目 53位
 マーベリックス

ケニョン・マーティン
 2000年 1巡目 1位
 ネッツ

ダーマー・ジョンソン
 2000年 1巡目 6位
 ホークス

ピート・マイケル
 2000年 2巡目 58位
 マーベリックス

メルビン・レベット
 1999年 2巡目 54位
 ピストンズ

ルーベン・パターソン
 1998年 2巡目 31位
 レイカーズ

ダニー・フォートソン
 1997年 1巡目 10位
 バックス

ドントニオ・ウィングフィールド
 1994年 2巡目 37位
 スーパーソニックス
 (現サンダー)

コーリー・ブラント
 1993年 1巡目 25位
 ブルズ

ニック ヴァン エクセル
 1993年 2巡目 37位
 レイカーズ

ドワイト・ジョーンズ
 1983年 4巡目 73位
 キャバリアーズ

ボビー・オースチン
 1982年 7巡目 158位
 バックス

デビッド・ケネディ
 1981年 8巡目 162位
 マーベリックス

エディー・リー
 1980年 3巡目 48位
 ナゲッツ

パット・カミングス
 1978年 3巡目 59位
 バックス

ボブ・ミラー
 1978年 4巡目 85位
 サンズ

ゲイリー・ヨーダー
 1977年 3巡目 47位
 バックス

マイク・フランクリン
 1975年 7巡目 124位
 ブレイブス
 (現クリッパーズ)

ロイド・バッツ
 1974年 4巡目 60位
 キングス

デレック・ディッキー
 1973年 2巡目 29位
 ウォリアーズ

ライオネル・ハリス
 1973年 15巡目 194位
 シクサーズ

ジム・アード
 1970年 1巡目 6位
 スーパーソニックス
 (現サンダー)

ドン・オグレツリー
 1970年 12巡目 185位
 ピストンズ

リック・ロバーソン
 1969年 1巡目 15位
 レイカーズ

ゴードン・スミス
 1969年 9巡目 122位
 セルティクス

ジョン・ハワード
 1968年 16巡目 201位
 ロイヤルズ
 (現キングス)

ケン・キャロウェイ
 1967年 11巡目 118位
 ロイヤルズ
 (現キングス)

ローランド・ウェスト
 1967年 20巡目 162位
 ブレッツ
 (現ウィザーズ)

 1966年 8巡目 73位
 ブレッツ
 (現ウィザーズ)

ロン・クリック
 1966年 8巡目 74位
 ロイヤルズ
 (現キングス)

 1965年 9巡目 71位
 ロイヤルズ
 (現キングス)

ジョージ・ウィルソン
 1964年 TD 1位
 ロイヤルズ
 (現キングス)

ロン・ボナム
 1964年 2巡目 16位
 セルティクス

トム・サッカー
 1963年 TD 1位
 ロイヤルズ
 (現キングス)

トニー・イェーツ
 1963年 5巡目 41位
 ホークス

ポール・ホーグ
 1962年 1巡目 2位
 ニックス

ボブ・ウィーセンハーン
 1961年 2巡目 11位
 ロイヤルズ
 (現キングス)

カール・ボールディン
 1961年 14巡目 106位
 ロイヤルズ
 (現キングス)

オスカー・ロバートソン
 1960年 1巡目 1位
 ロイヤルズ
 (現キングス)

ラルフ・デイビス
 1960年 3巡目 17位
 ロイヤルズ
 (現キングス)

ラリー・ウィリー
 1960年 19巡目 94位
 ロイヤルズ
 (現キングス)

マイク・メンデンホール
 1959年 3巡目 15位
 ロイヤルズ
 (現キングス)

コニー・ディアーキング
 1958年 1巡目 6位
 ナショナルズ
 (現シクサーズ)

ウェイン・スティーブンス
 1958年 7巡目 49位
 ロイヤルズ
 (現キングス)

フランク・ニモ
 1957年 5巡目 39位
 ナショナルズ
 (現シクサーズ)

フィル・ホイーラー
 1956年
 フィラデルフィア

デイブ・プランケット
 1956年
 セントルイス

ジャック・トワイマン
 1955年
 ロチェスター

ジム・ホルスタイン
 1952年
 ミネアポリス

ジョー・ルーチー
 1951年
 ニューヨーク

ジャック・ラウブ
 1950年
 ボルチモア

ディック・ドールマー
 1950年
 フィラデルフィア

 
Territorial Draft
(テリトリアルドラフト)
地元で人気のある選手を獲得するために、最寄のフランチャイズチームが、1巡目指名権を放棄することで、優先的に選択・交渉できる権利・ドラフト様式を指します。ここではTDと略表記します。